複数税率への対応で思うこと

店舗経営

いよいよ10月から始まります。店内飲食は10%、テイクアウトは8%の消費税率が課せられ、キャッシュレス・消費者還元事業という訳の分からないものがはじまります。

購入するものによって消費税率が異なりますが、アルコール類10%。うちでよく使う「みりん」これは10%の消費税が課せられます。いわゆるみりん風調味料は8%。うちにしてみれば本物には10%かかるわけです。そんなこともありますが、どう対応していくかが悩みどころです。

レジシステムは複数税率への対応とキャッシュレス決済の対応を行いましたが、今回の増税だけで変更したわけではありません。顧客ニーズとデータ集計の速さという点で導入を決めています。導入後はどうかというと、経費部分では若干増えると思いますが、やはり通信速度も同時に見直しをかけなければいけない気がします。クラウド上のデータを読み込むスピードが会計時のスピードにリンクするためです。ソフト面では在庫管理から原価率管理までしっかりやってくれそうなのでうちのような店では高機能すぎるほどです。

消費者にメリットがあるのかもしれませんが、事業者にとって本当にメリットがあるかは疑問です。GWあたりから客足が鈍化しているという話もあるので、増税後から年末にかけて鈍化が継続するような気がしています。

増税後の店舗運営

来月に向け、価格調整が必要になってきますが安易な値上げは避けたいとういのが本音です。世間では「価格据え置き」「純粋に増税分だけ」という話もありますが、”据え置き=値下げ”という認識です。キャッシュレス化がすすめば当然、現金が動かなくなるので多少の資金がないと店舗運営は厳しくなり、さらに利益率が下がります。そういった点をクリアしながら対応していけるのならいい話なのでしょうけど。また、経理上でも複雑化してしまうのでそれも問題です。今回の増税はまだまだ序章に過ぎず、本当に大変なのはこれからです。そんなことも含め悩みは尽きません。

読む人が思うことは想像つきますが、他人事じゃないと思います。うちの仕事だけについて言えば、もしかしたら食べ物の本来の味を知らない子供が増えていく。言い換えれば異常が普通になっていくということだと思います。

こういった話も含めて続けていこうと思います。